美容皮膚科でプチ整形♪

ANGE-C.JP

シミ/そばかす

シミ

できてしまった肌のシミは消しゴムでは消せません。食器や衣類のように漂白するわけにもいきません。でも、シミを消したい、薄くしたい、増やしたくない、どうにかしたい・・・そう思っている人は、多いですよね?ここではシミやくすみの原因とケア方法についてお話します。

シミとメラニン

シミは、「メラニン」が増えることで出来ると言われています。メラニンは、紫外線を浴びると増えてしまします。紫外線の怖さの理解とあいまって、「メラニン」という言葉がすっかりメジャーになりました。メラニン=悪者という図式が、定着しつつあるようです。確かに紫外線などの刺激によって、メラニンは作られますが、本来このメラニンは、人間を守るためにあるもの。もしもメラニンが人間の体になかったら、あっという間に皮膚ガンになってしまいます。

美しさは一日してならず

シミと紫外線

紫外線などの刺激を受けることでメラニンが作られると、肌の細胞はそれを受け取って、自身を守るシールドにします。そして徐々に表面へと押し上げられ、角質となります。角質は、新しい細胞に押し上げられて最後にアカとして剥がれ落ちます。当然、中に含まれるメラニンも一緒に出ていきます。これが正しいサイクルです。だけど、サイクルが崩れてしまうとどうなるのでしょうか?

シミができてしまう原因

「シミ」ができてしまう原因は、ふたつあります。

どんなにちゃんと、余分なメラニンを押し出そうとしても、もとの量が多すぎれば排出が追いつきません。作られる量が極端に多くなくても、ちゃんと排出されなければ肌に居座りつづけることになります。要はメラニンの供給と排出のバランスが大事だということですね。

シミの原因に、紫外線があげられる理由

紫外線がシミの最大の理由にあげられるのは、上記の(1)必要以上のメラニンを作るから?でしょうか。それもありますが、原因の(2)「いらなくなったメラニンがうまく押し出されない」にも大きくかかわっています。紫外線は細胞にダメージを与えます。コラーゲンも破壊します。肌が正常に生まれ変わる機能を、低下させてしまうのです。過剰にメラニンを作りつつ、押し出す力も弱めてしまう。だから怖いのです。

紫外線の量

ところで紫外線は、無味・無臭・無色です。陽射しの強い夏場は、誰しも気をつけているものの、ぽかぽかと日向が気持ちいい秋・冬の季節になると、つい油断しますよね。確かに夏に比べれば、量も強さも弱いけれど、実はここで差がつきます。シミは時限爆弾みたいなものです。「ある日突然」あらわれたように見えるけれど、本当はじわじわと蓄積された結果できるもの。紫外線対策は季節を問わず一年中かかさないでくださいね。

シミと刺激

メラニンは刺激によって作られます。作られたメラニンを押し出す力・肌の生まれ変わる力が足りないとうまく押し出せません。「刺激」というとすごく特別なことのように見えますが、たとえば吹き出物や乾燥からくる肌荒れをそのままにしておくと、肌はどんどんダメージを受けてシミを作ってしまいます。タオルでごしごしこすったり、ファンデーションのパフを洗わず不潔なまま使ったりはNGです。日常の「刺激」の蓄積がシミを作り続けているなんて。肌に触れるものは全て、チークブラシの質にも、こだわってください。

シミとストレス

それから意外に大きな原因になるのが、「気にすること」。ストレスといってもいいのですが、シミが気になり始めるととにかくそこにばっかり目がいってしまう。一生懸命お手入れしてると、もう消えるか?今日は薄くなったか?なんだ濃くなっていないか?と、とにかく鏡を見るたびに視線がそこに集中してしまいます。実は、これが良くなかったりします。気にすることでストレスがたまり、メラニンが作られてしまうのです。それよりも肌全体の透明感やハリを意識して、今日の肌のいいところを探すのも、シミのお手入れのうちです。

シミの種類

シミといっても色々と種類があるんです。

老人性色素斑

30歳を過ぎた頃ら出てくる、形のはっきりとした褐色のシミです。長期間の紫外線暴露も関係することから“日光性黒子”ともいいます。Qスイッチルビーレーザー治療が最もきれいに取ることができます。レーザー治療経験者から「さらに濃くなって失敗した。」という話を聞き、レーザーは怖いと思っていらっしゃる方もいるでしょう。さらに濃くなることは起こり得る副作用ですが、これは『一過性炎症後色素沈着』というもので、レーザーによる刺激で一時的にメラニンが増えてしまうことが原因です。半年くらいでゆっくりと薄く消えていきますのでご安心下さい。その他、マイルドな治療としてレーザーピーリング、ライムライト、ビタミンCイオン導入、美白剤外用治療もあります。併用すると一層効果的です。

老人性色素斑/オススメ治療法【Qスイッチリビーレーザー】

美容皮膚科でレーザー治療を受けた方が“さらに濃くなった”という話を聞いて、レーザーは怖いと思っている人もいると思いますがそれは誤解です。レーザーにはヤケドのリスクがあるため、炎症後色素沈着を起こすとひどくなったという印象を持ってしまうのでしょう。この色素沈着は3~9ヶ月程度でゆっくりと薄くなり、最終的には薄く目立たなくなります。老人性色素斑には一番有効なレーザーです。丸い、縁のはっきりとした茶色いシミを気にしている方は、紫外線の弱い秋から冬の時期にレーザーでシミを取ると効果的です。光治療やレーザーピーリングよりきれいに取れます。レーザーを照射した皮膚は火傷になりますので、紫外線の強い季節は避けます。

老人性色素斑/治療後の注意点

施術後1週間はテープを貼る必要のある治療です。カサブタが取れた時にシミはきれいに取れるのですが、その1~2週間後に炎症後色素沈着を起こす可能性が30%程度あります。最初のシミよりもっと濃く目立つ場合もあります。この色素沈着は3~9ヶ月で次第に薄くなり、最終的には薄く目立たなくなります。紫外線は色素沈着を増強させるのでUV対策をして下さい。

脂漏性角化症(老人性イボ)

表面がやや盛り上がったシミです。米粒程度の小さなものから母指大の大きなものまであります。肌色に近い色から濃褐色まで様々です。首にポツポツ飛び出したイボはありませんか?手触りがザラつきませんか。これらは加齢によって増えますので、小さい時に炭酸ガスレーザーで治療をするときれいに取ることができます。

脂漏性角化症/オススメ治療法【炭酸ガスレーザー】

皮膚を削る治療で皮膚科や美容皮膚科で行えます。小さいホクロはきれいに取れますが、やや大きめのもの、または色の濃いものは傷になることもあります。また、ホクロは再発することがあります。顔や首にブツブツできるイボのようなシミも、このレーザーできれいに取れます。炎症したニキビの圧出にも使います。治療後は数日間、軟膏とテープによるケアが必要です。

肝斑

30~40代女性の両側頬頂部に左右対称に出る地図状の淡褐色~濃褐色のシミです。妊娠やピル内服、紫外線で悪化することがあります。シミの基礎には炎症反応が関係していると考えられますので、毎日のスキンケアで擦りすぎて肌が薄くなっている人によく見られます。擦らない、化粧品を擦り込まないスキンケアを心がけましょう。美容皮膚科での治療の基本はトラネキサム酸内服と美白剤(ハイドロキノン)外用です。美容皮膚科での治療には数ヶ月を要し、また完治しないシミとも言われていますが、適切な治療で薄く目立たない状態を維持することは可能です。継続的なシミのコントロールのためにも、レーザーピーリング、ビタミンCイオン導入といった治療を併用するとより効果的です。Qスイッチルビーレーザーのような強いレーザーはシミが悪化することがありますので禁忌です。

肝斑/オススメ治療法【レーザーピーリング】
肝斑/治療効果
気になるアレ
中古マンション購入を考えているのでしたらぜひ一度ワールド・ワンの物件情報をご覧ください!当サイトには八尾 中古マンションを豊富に取り揃えております。気になる物件がございましたら検討中でもお気軽にご連絡ください♪

そばかす

そばかすは医学用語で『雀卵斑(じゃくらんはん)』と呼びます。子供の頃から現れ、小さな茶色いシミが鼻を中心に左右の頬に対称に散らばります。顔だけではなく、手や背中、肩、デコルテにもできることがあります。原因は遺伝による体質だと言われています。紫外線の影響で濃くなりったり、腕に見られることもあります。

そばかす/治療

そばかすはレーザーピーリングやライムライトを5~6回繰り返すと薄く目立たなくなります。スポット治療でQスイッチルビーレーザーを使うこともありますが、数えきれないほどのソバカスが顔全体に広がる場合は、全体のシミを薄くしなければきれいに見えないので、レーザーピーリングやライムライトをおすすめします。

美容最新情報