美容皮膚科でプチ整形♪

ANGE-C.JP

いぼ

いぼ

できてしまうと気になる疣(いぼ)。実は、ウイルスが原因で発生しているのです。「ヒトパピローマウイルス」、別名「ヒト乳頭腫ウィルス」と言われるウイルスが、小さな傷口から皮膚に入り込み感染していぼとなって表れるのです。このウイルスはなんと100種類以上もあり、そのほとんどが放っておいても自然治癒する良性のものです。ただ、どんないぼでも感染の可能性があり、まれに悪性のものもあるので、発見次第できるだけ早めに治療をするのが良いでしょう。

いぼの「親いぼ」「子いぼ」

いぼには「親いぼ」と「子いぼ」というものが存在すると言われています。治ったと思っても再発しやすいのは親いぼを撃退していないからだそう。一番最初にできたいぼが親いぼで、そのいぼを根っこから撃退すると子いぼも自然と治るそうです。真偽の程は定かではありませんが、いぼを刺激することで内在していたウイルスを、まわりの皮膚に広げてしまい、いぼの数が増えてしまうことは多々あります。ただ、いぼのでき始めを見つけたからといって素人判断でいぼを撃退しようとするのは逆効果です。かえってウイルスを撒き散らして転移する可能性もあるので、いぼを見つけた場合は数が少ないうちに皮膚科に相談し、根っこから撃退するのが再発や二次感染予防に効果的ですよ。

美しさは一日してならず
あなたのご希望条件はなんですか?立地、ご予算、間取りなど私どもにお聞かせください。お客様のご希望条件に合う物件探しのお手伝いいたします。東浦和 賃貸

いぼの感染経路

いぼの原因は上記のとおりウイルス感染です。しかし、その詳しい感染経路は実は現代医学でも明らかにされていません。自然界にも人間の体内にも存在するなど、非常に種類が多いウイルスであるためにいったいどこから感染したのか厳密に突き止める事が難しいのです。外界からの感染だけではなく、免疫力の下がった時に自身の体内に存在するヒトパピロマウイルスによっていぼが出現することもあるので、特定はますます難しいというわけです。ただ、明らかにいぼができていると判明した場合は家族間でのタオルやマットの共用は避けるなどの予防策は効果を上げられるでしょう。また、学童がプールに入る時期に水いぼが流行るなど、感染経路がある程度明らかである場合もありますので、できる限り感染を予防する対策をとるようにしましょう。

いぼの感染予防とは

上で出てきた水いぼなどは感染経路がある程度はっきりしているので、対策は立てやすいですね。しかしいくら予防だからと言って学校で水いぼが流行っているからという理由でプールの授業を休ませることはそうそうできません。水いぼだけではなく、他のいぼは感染経路自体が不明な場合が多いので、確実な予防法がほとんどありません。しかしいぼは皮膚が弱く、免疫力が下がった場所にできやすいので常に皮膚を清潔に保ち、健康的な生活を送ることがいぼを予防する近道といえるでしょう。怪我をしたり擦ったり、紫外線にあたるなどを繰り返すと皮膚が弱り、その部分の抵抗力が下がります。ヒジやヒザ、指や顔面にできやすいのはこのためです。なるべく摩擦を避けたり、衣服で覆ったりして紫外線を避けるなど、皮膚の力を弱めないような工夫も予防法として効果的です。

老人性いぼ

顔などにできる少し盛り上がりのあるいぼが『老人性いぼ』です。老人性いぼ「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)」は顔や手の甲、腕、胸や背中などにできるいぼで、紫外線による肌の老化が主な原因です。「老人性いぼ」や「老人性疣贅(老人性ゆうぜい)」とも呼ばれますが、「老人性」と言っても若いうちにでき始めることもあり(早ければ20代から)、年齢とともに増加します。いぼの色は肌色~黒褐色で、平らないぼから盛り上がったいぼまで様々です。老人性いぼは皮膚科や美容皮膚科でレーザーで手軽に治療することができ、治療跡も1週間程度で分からなくなります。麻酔をしますから、痛みに弱い方も安心です。

老人性いぼの治療

基本的には美容皮膚科では炭酸ガスレーザーによる根本治療を行いますが、広範囲を短時間で取りたい場合などには、色に反応するレーザーや光による治療を行うこともあります。いぼの状態、生活スタイルなどを考慮して最良の治療方法を選ぶことで、満足度の高い結果が得られます。

(1)炭酸ガスレーザーによる治療

炭酸ガスレーザーは、水分に反応して組織を蒸散(アブレーション)するレーザーです。炭酸ガスレーザーでひとつひとつ丁寧に、いぼ組織だけを取り除きますから、仕上がりはとてもきれいです。色と盛り上がりがどちらもなくなる、老人性いぼの根本治療です。傷跡は約1週間で目立ちにくくなります。いぼは一つ数分で取れます。クリーム麻酔を使いますので無痛です。3~7日ほど、治療部位には普通のファンデーションを塗ることができません(他部位はお化粧できます)。お仕事などの関係で傷跡が気になる方には、赤みをカバーして炎症を抑えるファンデーション状の塗り薬もありますので、美容皮膚科で相談しましょう。

炭酸ガスレーザーの特徴
(2)色に反応するレーザーや光による治療

盛り上がりが目立たない老人性いぼはQスイッチレーザー(黒い色素に反応するレーザー)やIPL(光治療)でも治療できます。これらの治療では色は薄くなりますが、表面の盛り上がりやザラザラ感は残ります。対象となる老人性いぼは隆起が少ないタイプに限られます。

特徴
気になるアレ

首のいぼ

首のいぼはレーザー治療なら、約一週間で目立たなくなります。首を触ったときにザラザラするいぼは「アクロコルドン」や「スキンタッグ」と呼ばれる種類のいぼです。首のいぼは30歳以降にみられることが多く、加齢とともに増加する傾向があります。美容皮膚科では首のいぼは炭酸ガスレーザーで治療します。傷跡はほぼ1週間で分からなくなります。施術者の熟練度によって仕上がりに差が出ます。

いぼと似ているもの

皮膚の表面が硬くなったり、皮膚が厚く盛り上がるなど、いぼの症状はとても特徴があります。しかしながら、いぼと似ている症状の一つに魚の目がありますよね。魚の目といぼの違い、実際にご存知の方は少ないのではないでしょうか。見た目は似ていても、原因については全く異なることも少なくありません。魚の目やタコなどの場合、外部から圧迫を受けることで角質が硬くなってしまいできてしまうことが大半の原因となっていますが、いぼの場合はヒトパピローマウイルスという物質が原因がほとんどを占めます。このウイルス自体は100種類以上あり、同じいぼのようにみえても、ウイルスの種類が異なることも多いという事を知っておきましょう。また、魚の目やたこは病気を引き起こしたりということはほとんどありませんが、いぼは移ってしまうこともありますし大きくなってしまうことも少なくないのです。

いぼとホクロ

また、いぼと同じように大きくなることがあるほくろもあり、これらもいぼと間違えやすくなる傾向が強くあります。ほくろとイボ、一見全く違うもののように感じますが、実際に自分の皮膚にできものができたとき、それがいぼなのかほくろなのか、はたまた魚の目なのかを瞬時に判断することは難しいのも事実。通常は皮膚にできものができることはありませんので、何か気になる症状が出てきたり大きくなる、また移るような症状が見られてきた場合は、早急に美容皮膚科等で治療を行ってもらうようにしましょう。

美容最新情報