美容皮膚科でプチ整形♪

ANGE-C.JP

たるみ

たるみ

たるみが出てしまうのは、大半が年齢によるものだと言われています。年齢とともに減ってしまうコラーゲンやエスラチン、また乾燥しやすいというのもたるみを助長してしまう要因とされています。ただ、たるみといってもいくつかの種類があり、コラーゲンが減少してしまうことで毛穴を支えることができなくなってしまい、徐々にゆるんでしまうこともあります。これは毛穴のたるみを引き起こし、お化粧ノリが悪くなってしまう原因でもあります。また、年齢とともに顔の筋肉量が低下してしまったりすることも多くなりますのでお顔自体が下にたるんでしまうのもよく起こるたるみの一つです。筋力が低下している場合は、既にお分かりの方もいらっしゃると思いますが、マッサージなどを取り入れて筋力をアップさせるとたるみを解消することができますし、シワなどを改善するのにも一役買ってくれます。

美しさは一日してならず

たるみの改善法

ただ、いったんたるんでしまった顔を元の状態に戻すことは簡単なことではありません。効果のある方法というのも、人それぞれ異なってきますので一概にどんな方法が良いのかは言えません。が、何もしないよりも気になるマッサージやエクササイズ、スキンケア商品を積極的に取り入れていった方がたるみの解消につながります。たるみは実年齢よりも老けて見えてしまう要因ともなりますし、何を着ても、何をしてもしっくりきません。毎日コツコツと対策を講じていけば、絶対に効果となって現れるはずです。無理なく行っていける改善法を取り入れていきましょう。

簡単たるみチェック

手鏡を持ってまっすぐ見ます。そしてそのまま手鏡を上に、顔も合わせて上を向きます。上を向いている時のお顔が、たるんでいない顔です。正面を向いているときよりも、かなり若く見えませんか?たるみ治療とは、このたるんでいない状態に近づける治療です。正面を向いているときと、上を向いているときを比べて違いが大きい部位、それがあなたの「たるみ治療ポイント」です。

たるみの原因

あなたのお顔をたるませる原因、それは4つの老化現象です。

この4つから原因を見極め、それに見合った施術を行うことで、たるみを解消し、若々しい印象を作ることができます。

ほうれい線

ほうれい線(豊麗線・法令線)は誰にでも若い頃からあります。表情によって線が入ったり、入らなかったりで、若いとあまり目立ちませんが、だんだん深く、クセがついて目立つようになってきます。年齢とともに、皮膚を支える筋肉組織やコラーゲン層が緩み、頬の皮膚がたるんで下がってゆきます。ですが唇の上の皮膚は鼻で支えられ(引っ張られて)いるためあまり下がりません。鼻は骨によって支えられているのでこれも下がりません。下がりやすい頬の皮膚ばかりがたるむので、どうしてもほうれい線が目立ってくるのです。これが「たるみほうれい線」です。

ほうれい線とたるみ

下がってきた頬で段差ができて、頬と口まわりにカゲができます。表情や角度、周りの明るさによってカゲのでき方が違います。ほうれい線が目立つ時とそれほどでもない時があるのではないでしょうか?例えば夜電車の窓に映る自分の顔をみて「エッ?!」と思う時があるのはそのためです。たるみによる段差はだんだん、深いしわになってシワグセになってゆきます。シワグセは深くなるほど固定化されます

ほうれい線予防のステップ

ほうれい線はお顔のたるみが進むにつれて、だんだん深くなってゆきます。深くなるにつれシワグセがつき、治療の効果が出にくくなってゆきますので、少しでも早めに治療を行うことをお勧めします。

ステップ(1)まずはリフトアップ
ほうれい線を解消するにはまず、この頬のたるみをリフトアップします。以前は金の糸で釣ったり、ワプトスなどの糸で釣ったりするのが多かったですが、最近はサーマクールなどの高周波でコラーゲン層を引き締める治療や、リードファインリフトのように皮膚の中で溶ける(コラーゲンになります)極細糸を使用することが多くなりました。これにより、切らずに、ダウンタイムや痛みがないリフトアップが可能です。症状によって個人差はありますが、この治療だけで満足ゆく結果が得られる場合もあります。
ステップ(2)クセになっている溝を埋めてのばす
たるみが改善したら、ほうれい線のシワ部分にヒアルロン酸を注入します。ほうれい線のしわはクセになっていることが多く、リフトアップだけでは十分にほうれい線が改善しないことがあります。この場合はヒアルロン酸を注入してふっくらさせ、シワ・溝を修復します。

ほうれい線の治療【フォトRF】

フォトRF(オーロラ・プロ)は、しみ・そばかす・しわ・にきび・たるみ・毛穴開きといった多くの方が抱える様々な肌トラブルを改善し、アンチエイジングにも効果の高い光治療法です。ハリとツヤ感のある、美しい素肌へと導きます。人に気づかれることなくキレイになれるのもフォトRFのうれしい所。医療機関だけで受けることができるスペシャルスキンケア=フォトRFで、ワンランク上のお肌を目指しませんか?

ほうれい線の治療【Qスイッチレーザー】

Qスイッチレーザーは、ひとつひとつのそばかすにレーザーを反応させて薄くする『ピンポイント治療』です。フォトRFでどうしても薄くならなかった部分や、フォトRFでは治療が難しい部位(目の上など)などに向いています。Qスイッチレーザー後は、赤みやカサブタができてしまいますが、数が少なければそれ程目立ちません。

ほうれい線と外用剤による治療

小さなお子様がいらっしゃる、介護で家を開けられないなどで、美容皮膚科への通院が難しい方には外用剤治療が向いています。初回のお肌診察と定期的なお肌チェック以外は外用剤を配送させて頂くことが可能です。ただ、外用剤は本来、他の治療で一定の効果を得た後で、更にそばかすを薄くするため、あるいは、効果を維持させるために使うホームケアです。 最初から外用剤だけでそばかす(雀卵斑)の治療を行うと、満足ゆく効果を得るまでにかなり時間がかかってしまうことと、トレチノインによる肌の赤みやカサカサ感が出現し、治療をお受けになっている期間中は肌のコンディションが悪くなることがあるようです。

気になるアレ

ほうれい線の治療【ウルトラVリフト、ショッピングスレッド】

雑誌「美st」や各種メディアで話題のショッピングスレッドことウルトラVリフトは「頬のたるみが気になる」「小じわが気になる」「肌にハリがなくなってきた」などの悩みに応えてくれる「ウルトラVリフト」。極細の針を使用し、痛みやダウンタイム等の心配がいらないことや施術後すぐにメイクをしてお帰りいただける手軽さと、頬がキュっと持ち上がる速攻性が魅力です。

ほうれい線の治療【金の糸】

しわやたるみの解消、若々しい素肌のキープ、毛穴が目立たなく、ニキビ跡の緩和など、様々な願いにトータルで応えてくれるのが、『金の糸リフト(ゴールデンリフト)』。古代エジプト時代から高い美肌効果で知られる純金を皮膚に埋め込むことで、コラーゲンや血管の再生を促進。老化した肌にイキイキとしたツヤと血色を取り戻し、総合的な若さを復活させます。そして効果は半永久的に持続し、20~30年後でも通常より老化しにくい状態を保ってくれます。

ほうれい線の治療【イタリアン・リフト】

自然な仕上がりで、老化を予防。半永久的な効果のリフトアップ施術『イタリアンリフト』。顔や首にできたしわ・たるみを、アプトス糸(AAPTOS:アブゾーバブル・アンティ・プトーティック・スレッド)を皮下に埋め込んで、皮膚を引き上げることで解消します。美容皮膚科での施術は、極細の針を使用して、毛羽立ったイタリアンリフト専用のアプトス糸を顔の数カ所に通すだけ。コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンの生合成を促し、肌をみずみずしく若返らせる効果もあります。

美容最新情報